時計修理一筋人生の村田規晥(ノリキヨ)さん

井草 村田時計工業所 村田規晥(ノリキヨ)さん

 初めてお会いした時、ワイヤールーペをつけて迎えてくれました。かたときもこのルーペを離さず過ごされているのではないかというのが第一印象でした。
 

S001cnishiogishunjumurata001008_4

 村田さんは81才になります、まだまだ元気に第一線で活躍しております。特別に何か健康法をしていますか?と尋ねますと「いやなにもしてないよ」との返答です。時計に向かって仕事をしている時が一番の健康法ではないでしょうか。
 
 村田さんは山梨県大月市でお父さんが営む時計修理の家に生まれました。時計の修理だけではなく、蓄音機やラジオの修理も引き受けてご近所からとても重宝で喜ばれていました。小学生のころにはお父さんの仕事を見て機械に興味を持ち、時計や蓄音機のゼンマイの交換をみよう見まねで行っていました。中学生になると自分で5球スーパーラジオを組み立て、「初めてスイッチを入れた瞬間シューツと音が鳴って声が聞こえた時は嬉しかったな~」と懐かしんでいました。
 

Photo_4

 その後専門学校のラジオ学科に進み、ラジオの仕組み、原理を学びました。当時父は“経験と感”で故障の原因を見つけて、修理をしていたが、自分は故障の原因を理論的に把握し修理ができて、設計図が頭の中に入っていた。自分でオリジナルのラジオを作り100台ほど売ったよと話していました。
 その頃、兄も時計修理の仕事をしており、初任給が16.800円の時代に月10万円を稼いでいるのを聞いて、自分もやってみたい、その道に進もうと決意しました。バラバラの部品を組み立て完成させる仕事です。普通は一日頑張って20個位でしたが、村田さんは40個仕上げました。何よりも達成感、満足感を満たす事ができ収入も10万円ほど稼ぐことができたそうです。
 
 そこから修理専門の仕事に進み、多くの同業の方やパーツメーカーの方と人脈が広がっていきました。後に独立してからどんな部品でも入手できるようになったのは、この頃の人脈のおかげですと話していました。やがてメカ時計(機械式)からクォーツ時計の時代に移っていきます。クォーツの時計では長年培ってきた技術は生かせず仕事の量は減っていく事になりますが、あくまで自分の技術を生かしたいと四六時中仕事に没頭できる自宅に時計修理の部屋を作り、村田時計工業所としてスタートしました。その時、銀座の大手時計会社の指定工場になり修理に必要なとても高額な機械、道具など支給していただき強い信頼関係が生まれたと話していました。
 

S001cnishiogishunjumurata001011_3

 今は正確な時間を求めるのであれば、電波時計やスマートフォンでいいでしょう。でも自分しか持っていないアンティーク時計、高価なファッション時計やステータスのブランド時計などまだまだメカ時計の愛用者は多くいらっしゃいます。これからも自分の技術は生かせる時代は続く、とにかく時計が好き、どんな時計でも直す事に喜び、生きがいを感じる、リタイアなど考えた事はない仕事ができるうちはいつまでも続ける、と笑顔で語りました。
 村田規晥さんは此の八月にご逝去されました。心より御冥福をお祈り致します。
 
文 冨澤信浩
写真 奥村森
 
重要)このブログに掲載されている記事、写真等は全て著作物です。
著作権法に従って無断転載を禁止いたします。記事を利用される方はご連絡をお願い致します。

初代の精神を今も育む、三仁堂薬局

西荻南 三仁堂 片桐秀子さん

 西荻窪駅から五日市街道へ向かい、銀座通りを進むと右側に大きな店構えの三仁堂薬局があります。現在は三代目の片桐秀子さんが中心になって店の切り盛りをしていますが、秀子さんの母、禮子さんも店に出て、元気に顧客の対応に勤しんでいます。伺った日は三の市とかで、足裏での重心測定をしながら、お馴染みさんの健康を気遣う姿が見られました。
 
 薬を買いに来る人、測定をしに来る人で、店内はまるで病院近くの調剤薬局のような盛況ぶりです。店内の雰囲気も独特。歌を口ずさみながら歩く人、片桐さん親子と世間話をする人、薬の説明を受ける人と様々ですが、みんな楽しそうです。
 

201407003

 秀子さんの祖父、明治33年生まれの吉太郎さんが昭和5年、現在の場所に薬局「三仁堂」を開店しました。三仁とは、まずはお客さん、次に従業員、そして家族、この三者が丸くおさまって始めて商売は成り立つとの思いが込められています。
 奥の壁には昭和12年に撮影した店の写真が飾ってあります。勿論、白黒で看板文字は今とは逆の右から左。近所の高木写真館さんが撮ったものと思われますが、変色もせず見事に残っているところをみると、相当な腕前の写真師が「三仁堂さんのためなら」と力を込めて仕上げた様子が伺えます。初代、吉太郎さんの人となりが浮かぶ写真です。間口は現在より広く、店前の街頭もたいそう立派で、昭和初期の西荻窪銀座通りを髣髴とさせます。
 

201407001

 それから数年して、時代に暗雲が立ち込め始めたころ、西荻窪界隈には軍人さんの家が沢山あったので、吉太郎さんは一軒一軒注文を取って回り、商いを続ける一方、西荻窪衛生班の無料奉仕をして地域に貢献していました。三仁堂の精神が、ここにも息づいています。
 

201407012

 二代目朝良さんの妻、禮子さんは今年、八十歳を迎えましたが、数年前からジムに通い、山歩きをして身体を鍛えています。溌剌と顔色もよく、自ら薬に頼らない高齢者の健康づくりの実践をしています。家事を一手に引き受け、お店にも顔を出して秀子さんの手伝いをするほどお元気です。
 今でも馴染客と会話を交わし、元気な顔を見るのが生き甲斐になっているようで、今は亡き常連客がローソクを「お灯明」「「御明し」と言って毎月買いに来られた話などを懐かしそうに話していらっしゃいました。
 

201407007

 三代目の秀子さんは、三仁堂の精神を大切にしながらも、新しい経営感覚を取り入れ、ホームページを通じての健康情報の発信をしています。
「うちは調剤薬局の資格を持ちながら、ドラッグストアにないきめの細かさでお客様に接していきたい」と話されました。
 

Photo_2

 人間の自然治癒力とか、自然なモノの持つ力とか、そういうことをもっと大切にすべきだと思います。骨粗鬆症、貧血、便秘などは食生活を見つめ直すことで、かなり改善するはずです。風邪をひいても漢方薬で治るくらいの体力を維持できるような「身体づくり」をすることが大事。そのため自然の恵みに育まれた健全な食事が大切です。もう一度生活を見直し、親の務めや自己管理の向上についても真剣に取り組んで欲しいと願っています。それを実現するためには、顧客との対話を大切にして、必要な情報を提供できる店にならなければ、と日々努めているのです」と秀子さんは話していました。
 

Photo

 店内は、漢方あり、化粧品ありで特別に変わった薬局ではありませんが、違いがあるとすれば、薬を売れば薬局の仕事は終わりとは考えていないということでした。人と人とのつながりを大切にしながら、顧客の気持ちになって商いをしているのがよく解りました。
 
三仁堂
ホームページ http://www.sanjindo.jp/
東京都杉並区西荻南2−21−10
電話03−3333−1320
9:00-19:30
定休日 日、祝日、年末年始
 
文 澤田末吉
写真 富澤信浩
 
重要)このブログに掲載されている記事、写真等は全て著作物です。
著作権法に従って無断転載を禁止いたします。記事を利用される方はご連絡をお願い致します。

人情パン職人、金原勇三郎さん -夫婦のれん

西荻北 しみずや 金原勇三郎さん

Img_33121_2

 西荻窪駅北西、地蔵坂に向かう商店街を通り抜けると間口一間ほどの昭和を彷彿とさせるパン屋「しみずや」がある。主の名は金原勇三郎さん、79歳。
 
 甲州街道を新宿から下ると直ぐに、かつて巨大なガスタンクがあった。街道の向こう側には元オリンピック選手村で知られる代々木公園、近くには淀橋浄水場や屋形船が往来する十二社の美しい池があった。豊かな自然に恵まれながらも、新時代の息吹が感じられる環境だった。ここで勇三郎さんは生まれ、少年期を過ごした。
 
 昭和30年、18歳になった勇三郎さんは阿佐ヶ谷のパン工房に入社した。その頃、日本人は戦後の混乱から立直ろうと懸命になっていたが、一般的なサラリーマンでも生活するのがやっとで贅沢する余裕はなかった。
 
 若者たちは、世界に羽ばたく大手企業をめざして就職活動を展開していた。そんな風潮に逆らうかのように、勇三郎さんはパン職人の道を選んだ。理由は明快、「パン作りがしたい」からであった。
 
 入社して18年の歳月が流れた。36歳になった勇三郎さんは運命の人、幸子さんと出会い、結婚を決意する。真面目に働いた甲斐もあり、パン販売店を任されるほどになっていたが、店員が貰う給料では到底結婚して妻を養えるものではなかった。
 

Img_32951_3

 独立して幸子さんと力を合わせて店を開店しようと、既に西荻窪にあったパン店の権利を取得して創業したのが「しみずや」の始まりである。称号は、地元に馴染みある前店名「しみずや」を継承することにした。
 
 幸子さんは、やっかいな仕事を一手に引き受け、勇三郎さんがパン作りに専念できる環境づくりに精を出した。お陰で店は繁盛した。
 
 潔癖症の幸子さんは、保健所職員もびっくりするほど徹底した清掃をおこなうので、店内には塵ひとつなかった。そんな清潔感が顧客から大きな信頼を受けていた。
 
 普段は寡黙な幸子さんだが、子育ての方針で夫婦喧嘩すると一度だけではあったが、卵を勇三郎さんに投げつける気の強い一面もあった。しかし夫婦の結束は固く、こんな些細な衝突で揺らぐものではなかった。

人情「シベリア」作り

 勇三郎さんは、顧客に頼まれると断れない性格だ。ある日、上品な婦人が店を訪れ、病に伏す母親が「もう一度シベリアが食べたいと言っているので、作ってもらえないだろうか」と懇願された。以前作ったことがあったので人助けにもなるからと思い、直ぐに了解した。
 
「シベリア」とは、カステラで羊羹を挟んだ菓子のことである。羊羹をシベリアの凍土に例え、カステラを氷原に見立てたとか、シベリア出兵にちなんで作られ、羊羹をシベリア鉄道の線路に見立てたなど諸説いろいろだ。
 
 冷蔵庫のない時代、ひんやりとした食感と涼しげな名称が好まれ、昭和初期には子供が食べたい菓子のナンバーワンにもなった。発祥が不明なのも幻の菓子としての効果を高めたのかも知れない。
 
「シベリア」はカステラや小豆と寒天を煮て羊羹を自前で作らねばならないので、なかなか手間が掛かる。その上、型や材料の都合で一度に40個分も作らねばならない。売れ残るリスクに対する覚悟も必要だ。
 
 間もなくして「シベリア」が出来上がったので、早速、依頼した婦人に手渡し、母親に食べてもらった。病状悪化でほとんどの食べ物は喉を通らなかったが、「シベリア」だけは「おいしい、おいしい」と喜んで食べてくれた。商売にはならなかったが、勇三郎さんには充実感があった。
 
 それから数年後、アニメ映画作品「風立ちぬ」の一場面に「シベリア」が登場して話題になった。「シベリア」を売る店がなかったから、「シベリアのあるパン屋さん」として知られるようになった。
 

Img_33111

 このエピソードを語る勇三郎さんは、実に幸せな表情をしている。顧客に喜ばれるパン作り、これが勇三郎さんの原点なのだろう。

 妻の死

 平成19年5月7日、最愛の妻、幸子さんが69歳で他界した。直後は店を閉めようかと思ったが、息子さんから「おやじ、何もしないで、これからどうするつもりだ」と気づかわれ、「私も手伝うから店を続けよう」とお嬢さんにも励まされた。
 
 葬儀を終えてひっそり静まりかえった店に一人戻ると、常連客の寄せ書きが扉に張られていた。「また来るからね、美味しいパン作ってね」、「きっと、おばさんも天国でおじさんがパン作るの待ってるよ」と記されていた。
 
「これには泣けたなあ」と勇三郎さんは回想する。みんなに背中を押されて勇三郎さんの第二のパン作り人生が再出発した。店の棚には幸子さんの遺影が飾られ、勇三郎さんを暖かく見守っている。
 

Img_33181

 ショーケースには、朝から揚げクリームパン、メロンパンなどが並び、午後になると完売状態になる。パンを買い求めに訪れる若者からお年寄りまで、みんな勇三郎さんと親しげな会話を交わして帰っていく。
 

Img_33171

 勇三郎さんに一番大切にしているのは何かと質問すると、「正直」という言葉が返ってきた。「しみずや」のパンも正直そのもの、等身大の形と味、そして、平凡にして非凡なパン、人情と信頼がうまさを増幅してくれるのがもっと嬉しい。
 

Shimizuya_okumura1

 

しみずや
東京都杉並区西荻北4-4-5
電話03-3390-6781
12:30-19:30
定休日 水曜日

文 奥村森
写真 澤田末吉

重要)このブログに掲載されている記事、写真等は全て著作物です。
著作権法に従って無断転載を禁止いたします。記事を利用される方はご連絡をお願い致します。