美を楽しむ

松庵舎 4−6月期 美を楽しむのご案内です

父の傍らで講師が触れた多くのエピソード等を交えながら,芸術家をテーマに楽しい解説を行います。「目から鱗」、美術や芸術をもっと身近なものにして心豊かにする講座です。講師が制作したテキストは真実の証言を含め、他では手に入らない貴重な資料です。

第20回

画家・奥村土牛
テーマは決まり次第お知らせします。

Togyu_19671970

7月 1日(日)13:00〜15:00 * 変更になりました。
参 加 料 :2,500円
持 参 物 : 筆記用具

■ 奥村森(おくむら しん)
1945年日本画家奥村土牛、四男として生まれる。日大芸術学部写真学科卒業後、渡仏。嘱託報道カメラマンを経て75年より精密機械メーカーに勤務。’87年オフィスオクムラを設立。新聞・雑誌などで執筆活動を開始。著作に「心の詩」「相続税が払えない」「旅の写真術」などがある。写真展「心の詩」ニエプス美術館(仏)、「’70年代のフランス」デュノン美術館(仏)、「ブルゴーニュの人々」「喝采 葡萄牙」「Susie’s Friends in L.A.」「Emotion そのをりをり」「土牛疎開」「芸術家のいた風景」(東京)、「創々流転」、「ゴッホ憧憬」を開催。長年朝日カルチャーセンター新宿教室写真講師を務める。父やその縁で出会った芸術家の真実の姿を語る。

申込み/お問合せ: 松庵舎 10:00-19:00

℡ 03-5356-6606  Fax: 03-5941-6166

ぶらり取材体験

西荻と周辺の興味あるお店・人を取材して,写真と文章によるブログ 「西荻春秋」に掲載します。

004

リッド・テイラー取材


カメラとノートを片手に、
西荻と周辺の興味あるお店・人を取材して、写真と文章によるブログ 「西荻春秋」に掲載します。基本テーマは人間ドキュメンタリーです。
ご一緒に西荻の歴史文化,人の発見を愉しみませんか?


日程:各1回
7月 23日(日)
8月 27日(日)
9月 26日(日)
* 取材先にあわせて日程が変更になる場合もあります。


時 間: 15時30分~17時30分
参加料: 1,500円(入会金不要)
持参品: 事前に担当を決めて持参するものをお知らせします。

■ 編集長・奥村森(おくむら しん)
1945年生まれ。日大芸術学部写真学科卒業後、渡仏。嘱託報道カメラマンを経て75年より精密機械メーカーに勤務。’87年オフィスオクムラを設立。新聞・雑誌などで執筆活動を開始。著作に「心の詩」「相続税が払えない」「旅の写真術」などがある。写真展「心の詩」ニエプス美術館(仏)、「’70年代のフランス」デュノン美術館(仏)、「ブルゴーニュの人々」「喝采 葡萄牙」「Susie’s Friends in L.A.」「Emotion そのをりをり」「土牛疎開」「芸術家のいた風景」(東京)、2006年2月には鶴見で「創々流転」、2007年10月には蒼(杉並区松庵)で「ゴッホ憧憬」を開催。長年、朝日カルチャー新宿教室写真講師を務める。松庵舎写真教室講師。

講座パンフレットのダウンロード:  

申込み/お問合せ: 松庵舎 10:00-19:00
℡ 03-5356-6606  Fax: 03-5941-6166bu

美を楽しむ

平成29年度1−3月期 松庵舎講座 美を楽しむのご案内です。

父の傍らで講師が触れた多くのエピソード等を交えながら,芸術家をテーマに楽しい解説を行います。「目から鱗」、美術や芸術をもっと身近なものにして心豊かにする講座です。講師が制作したテキストは真実の証言を含め、他では手に入らない貴重な資料です。

第15回
画家・奥村土牛


テーマは決まり次第、お知らせ致します。

Togyu_19671970

3月 26日(日)  13:00〜15:00


参 加 料 :2,500円                                         
持 参 物 : 筆記用具


■ 奥村森(おくむら しん)
1945年日本画家奥村土牛、四男として生まれる。日大芸術学部写真学科卒業後、渡仏。嘱託報道カメラマンを経て75年より精密機械メーカーに勤務。’87年オフィスオクムラを設立。新聞・雑誌などで執筆活動を開始。著作に「心の詩」「相続税が払えない」「旅の写真術」などがある。写真展「心の詩」ニエプス美術館(仏)、「’70年代のフランス」デュノン美術館(仏)、「ブルゴーニュの人々」「喝采 葡萄牙」「Susie’s Friends in L.A.」「Emotion そのをりをり」「土牛疎開」「芸術家のいた風景」(東京)、「創々流転」、「ゴッホ憧憬」を開催。長年朝日カルチャーセンター新宿教室写真講師を務める。父やその縁で出会った芸術家の真実の姿を語る。

講座パンフレットのダウンロード: 

申込み/お問合せ: 松庵舎 10:00-19:00
℡ 03-5356-6606  Fax: 03-5941-6166

美を楽しむ

松庵舎 10ー12月期 美を楽しむ 講座案内です。

父の傍らで講師が触れた多くのエピソード等を交えながら,芸術家をテーマに楽しい解説を行います。「目から鱗」、美術や芸術をもっと身近なものにして心豊かにする講座です。講師が制作したテキストは真実の証言を含め、他では手に入らない貴重な資料です。

第14回
総集編 画家・奥村土牛


これまで三年間のお話をダイジェストでお伝えします。

Togyu_19671970

11月 27日(日)  13:00〜15:00


参 加 料 :2,500円                                         
持 参 物 : 筆記用具


■ 奥村森(おくむら しん)
1945年日本画家奥村土牛、四男として生まれる。日大芸術学部写真学科卒業後、渡仏。嘱託報道カメラマンを経て75年より精密機械メーカーに勤務。’87年オフィスオクムラを設立。新聞・雑誌などで執筆活動を開始。著作に「心の詩」「相続税が払えない」「旅の写真術」などがある。写真展「心の詩」ニエプス美術館(仏)、「’70年代のフランス」デュノン美術館(仏)、「ブルゴーニュの人々」「喝采 葡萄牙」「Susie’s Friends in L.A.」「Emotion そのをりをり」「土牛疎開」「芸術家のいた風景」(東京)、「創々流転」、「ゴッホ憧憬」を開催。長年朝日カルチャーセンター新宿教室写真講師を務める。父やその縁で出会った芸術家の真実の姿を語る。

講座パンフレットのダウンロード: 

申込み/お問合せ: 松庵舎 10:00-19:00
℡ 03-5356-6606  Fax: 03-5941-6166

ぶらり取材体験

松庵舎 2016年10月ー12月期 ぶらり取材体験講座案内

003

杉並区立郷土博物館 学芸員 駒見敬祐さん、小室綾さん

カメラとノートを片手に、
西荻と周辺の興味あるお店・人を取材して、写真と文章によるブログ 「西荻春秋」に掲載します。基本テーマは人間ドキュメンタリーです。
ご一緒に西荻の歴史文化,人の発見を愉しみませんか?

日程: 各1回
10月23日(日)
11月27日(日)

* 12月はお休みになります

取材先にあわせて日程が変更になる場合もあります。

時 間: 15時30分~17時30分
参加料: 1,500円(入会金不要)
持参品: 事前に担当を決めて持参するものをお知らせします。

■ 編集長・奥村森(おくむら しん)
1945年生まれ。日大芸術学部写真学科卒業後、渡仏。嘱託報道カメラマンを経て75年より精密機械メーカーに勤務。’87年オフィスオクムラを設立。新聞・雑誌などで執筆活動を開始。著作に「心の詩」「相続税が払えない」「旅の写真術」などがある。写真展「心の詩」ニエプス美術館(仏)、「’70年代のフランス」デュノン美術館(仏)、「ブルゴーニュの人々」「喝采 葡萄牙」「Susie’s Friends in L.A.」「Emotion そのをりをり」「土牛疎開」「芸術家のいた風景」(東京)、2006年2月には鶴見で「創々流転」、2007年10月には蒼(杉並区松庵)で「ゴッホ憧憬」を開催。長年、朝日カルチャー新宿教室写真講師を務める。松庵舎写真教室講師。

講座パンフレットのダウンロード:  

申込み/お問合せ: 松庵舎 10:00-19:00
℡ 03-5356-6606  Fax: 03-5941-6166

美を楽しむ

平成28年7ー9月期 松庵舎「美を楽しむ」 講座案内です

父の傍らで講師が触れた多くのエピソード等を交えながら,芸術家をテーマに楽しい解説を行います。「目から鱗」、美術や芸術をもっと身近なものにして心豊かにする講座です。講師が制作したテキストは真実の証言を含め、他では手に入らない貴重な資料です。

第13回
画家・奥村土牛と家族

 日本画家・奥村土牛の画道を支えた家族。芸術に生きることの困難を,
どのように乗り越えて真摯にあゆむことが出来たのかを考えます。

Togyu_19671970

9月 11日(日)  13:00〜15:00

参 加 料 :2,500円                                         
持 参 物 : 筆記用具

■ 奥村森(おくむら しん)
1945年日本画家奥村土牛、四男として生まれる。日大芸術学部写真学科卒業後、渡仏。嘱託報道カメラマンを経て75年より精密機械メーカーに勤務。’87年オフィスオクムラを設立。新聞・雑誌などで執筆活動を開始。著作に「心の詩」「相続税が払えない」「旅の写真術」などがある。写真展「心の詩」ニエプス美術館(仏)、「’70年代のフランス」デュノン美術館(仏)、「ブルゴーニュの人々」「喝采 葡萄牙」「Susie’s Friends in L.A.」「Emotion そのをりをり」「土牛疎開」「芸術家のいた風景」(東京)、「創々流転」、「ゴッホ憧憬」を開催。長年朝日カルチャーセンター新宿教室写真講師を務める。父やその縁で出会った芸術家の真実の姿を語る。

講座パンフレットのダウンロード: 

表  「biwotanoshimu-20167-9a.pdf」 をダウンロード
裏  「biwotanoshimu-20167-9b.pdf」 をダウンロード

申込み/お問合せ: 松庵舎 10:00-19:00
℡ 03-5356-6606  Fax: 03-5941-6166

ぶらり取材体験

平成28年7−9月期 松庵舎「ぶらり取材体験」講座のご案内です

Img_55441

天草製作所 オーナー 西森真二さん

カメラとノートを片手に、
西荻と周辺の興味あるお店・人を取材して,写真と文章によるブログ 「西荻春秋」に掲載します。基本テーマは人間ドキュメンタリーです。
ご一緒に西荻の歴史文化,人の発見を愉しみませんか?

日程: 各1回
7月24日(日)
8月21日(日)
9月11日(日)
取材先にあわせて日程が変更になる場合もあります。

時 間: 15時30分~17時30分
参加料: 1,500円(入会金不要)
持参品: 事前に担当を決めて持参するものをお知らせします。

■ 編集長・奥村森(おくむら しん)
1945年生まれ。日大芸術学部写真学科卒業後、渡仏。嘱託報道カメラマンを経て75年より精密機械メーカーに勤務。’87年オフィスオクムラを設立。新聞・雑誌などで執筆活動を開始。著作に「心の詩」「相続税が払えない」「旅の写真術」などがある。写真展「心の詩」ニエプス美術館(仏)、「’70年代のフランス」デュノン美術館(仏)、「ブルゴーニュの人々」「喝采 葡萄牙」「Susie’s Friends in L.A.」「Emotion そのをりをり」「土牛疎開」「芸術家のいた風景」(東京)、2006年2月には鶴見で「創々流転」、2007年10月には蒼(杉並区松庵)で「ゴッホ憧憬」を開催。長年、朝日カルチャー新宿教室写真講師を務める。松庵舎写真教室講師。

講座パンフレットのダウンロード:  

申込み/お問合せ: 松庵舎 10:00-19:00
℡ 03-5356-6606  Fax: 03-5941-6166

ぶらり取材体験

平成28年1-3月期 松庵舎 ぶらり取材体験のご案内です

Img_459811oka







ビリヤード山崎 取材 文章・奥村森 写真・澤田末吉

カメラとノートを片手に、
西荻と周辺の興味あるお店・人を取材して,写真と文章によるブログ 「西荻春秋」に掲載します。基本テーマは人間ドキュメンタリーです。
ご一緒に西荻の歴史文化,人の発見を愉しみませんか?

日程: 各1回
1月26日(火)
2月28日(日)
3月27日(日)
取材先にあわせて日程が変更になる場合もあります。

時 間: 15時30分~17時30分
参加料: 1,500円(入会金不要)
持参品: 事前に担当を決めて持参するものをお知らせします。

■ 編集長・奥村森(おくむら しん)
1945年生まれ。日大芸術学部写真学科卒業後、渡仏。嘱託報道カメラマンを経て75年より精密機械メーカーに勤務。’87年オフィスオクムラを設立。新聞・雑誌などで執筆活動を開始。著作に「心の詩」「相続税が払えない」「旅の写真術」などがある。写真展「心の詩」ニエプス美術館(仏)、「’70年代のフランス」デュノン美術館(仏)、「ブルゴーニュの人々」「喝采 葡萄牙」「Susie’s Friends in L.A.」「Emotion そのをりをり」「土牛疎開」「芸術家のいた風景」(東京)、2006年2月には鶴見で「創々流転」、2007年10月には蒼(杉並区松庵)で「ゴッホ憧憬」を開催。長年、朝日カルチャー新宿教室写真講師を務める。松庵舎写真教室講師。

講座パンフレットのダウンロード:  

申込み/お問合せ: 松庵舎 10:00-19:00
℡ 03-5356-6606  Fax: 03-5941-6166

“ぶらり取材体験” の続きを読む

いけばな教室

平成28年1月–3月期 松庵舎いけばな教室のご案内です

講師 いけばな風の会 主宰 倉林莉花 

001ckurayoshiikebana001001_octa

“花”を相手に、あなたの旺盛な好奇心を甦せましょう!

いけばなは“花”と自分(いけ手)とのコラボレーションです。花に自分が働きかけをする。そうすると花から反応が返ってくる。その反応に自分が又反応し、そうしてやり取りを繰り返している内に今までの自分ではない、自分が引きずり出されて、自分と花とは別の地点に作品が成立する。
今までの自分とも、今までの花とも違った地点に、私のいけばなが成立するのです。

日 時: 1月10日, 17日, 2月7日, 21日, 3月13日, 20日
日曜日 13時‐15時

受講料:1回3,000円 (花材費別) 
定員:8名

持ち物: 花鋏、筆記用具をご持参下さい。
花鋏をお持ちでない方は, 初回のみお貸し致します。

ご興味がありましたら,,ご予約不要でいつでも見学おまちしております。 
長い時間がかかりますが、続けられる事で将来的に教授免許取得への道もあります。

■ 倉林莉花 (くらばやし りか)
現在
     いけばなインターナショナル会員
     いけばな協会評議員
     江戸千家茶道教授
     いけばな風の会 主宰

1970        いけばな教授資格取得
1986〜     いけばなTODAY(西武百貨店池袋店)出品
1988        創る人 北に集まってはな展(秋田市立美術館)
1992〜     いけばな芸術協会展出品
                 個展 ‘Once upon a time’展(ギャラリーW12)
1993〜     野外公募展出品
2006        デモンストレーション ニュージーランド・オークランド
2010        ホテルオークラ出品
                 他,多数出品 デモンストレーション
2011        いけばな風の会創流(大和花道から独立)
大蔵省花道部講師,東京家政学院中学・高校講師を務めた
講座パンフレットのダウンロード:

℡ 03-5356-6606 Fax: 03-5941-6166

いけばな教室 New !!

“花”を相手に、あなたの旺盛な好奇心を甦せましょう!

講師 いけばな風の会 主宰 倉林莉花 

Sckurabayashi_2015001_20150823c_2

“花”を相手に、あなたの旺盛な好奇心を甦せましょう!
いけばなは“花”と自分(いけ手)とのコラボレーションです。花に自分が働きかけをする。そうすると花から反応が返ってくる。その反応に自分が又反応し、そうしてやり取りを繰り返している内に今までの自分ではない、自分が引きずり出されて、自分と花とは別の地点に作品が成立する。
今までの自分とも、今までの花とも違った地点に、私のいけばなが成立するのです。
日 時: 10月4日,11日, 11月8日,15日, 12月6日,13日
日曜日 13時‐15時

受講料:1回3,000円 (花材費別) 
定員:8名

持ち物: 花鋏、筆記用具をご持参下さい。
花鋏をお持ちでない方は, 初回のみお貸し致します。

ご興味がありましたら,,ご予約不要でいつでも見学おまちしております。 
長い時間がかかりますが、続けられる事で将来的に教授免許取得への道もあります。

■ 倉林莉花 (くらばやし りか)
現在
     いけばなインターナショナル会員
     いけばな協会評議員
     江戸千家茶道教授
     いけばな風の会 主宰

1970        いけばな教授資格取得
1986〜     いけばなTODAY(西武百貨店池袋店)出品
1988        創る人 北に集まってはな展(秋田市立美術館)
1992〜     いけばな芸術協会展出品
                 個展 ‘Once upon a time’展(ギャラリーW12)
1993〜     野外公募展出品
2006        デモンストレーション ニュージーランド・オークランド
2008        東京プリンスホテル出品
2010        ホテルオークラ出品
                 他,多数出品 デモンストレーション
2011        いけばな風の会創流(大和花道から独立)
大蔵省花道部講師,東京家政学院中学・高校講師を務めた



講座パンフレットのダウンロード:

一枚目: 「kurabayashi_2015_1012a.jpg」をダウンロード
二枚目; 「kurabayashi_2015_1012b.jpg」をダウンロード

お申込み/お問合せ : 松庵舎 10:00-19:00

℡ 03-5356-6606 Fax: 03-5941-6166