よくある質問

皆様に尋ねられた質問を中心に、随時お答えしていきます。
経験と学んだ事、蓄積したデータ、参考文献等によります。まだまだわからないことも沢山ありますのでご了承ください。

1. 鶏について

鶏は1日に何個、たまごを生むのですか?

鶏は人間との暮らしの中で、その目的に沿って卵用、肉用、愛玩用などに改良されてきました。一般的に白色レグホンと呼ばれる鶏に代表される卵用種、ブロイラーや軍鶏などの肉用種、名古屋コーチンなどの卵肉兼用種等、さまざまな特徴を持った鶏がいます。それぞれに1羽が1年間に産む卵の総量は異なります。卵用に改良された鶏は、その他の鶏種に比べ、多くの卵を産みます。

飼養している環境や飼料、日々の管理等によっても差が出ます。当農場での後藤もみじは、最も産卵している時期で90%超。東京烏骨鶏は概ねその3分の2前後です。

産卵鶏は沢山たまごを産むというイメージからでしょうか?
「1日に何個たまごを生むの?」と言うご質問をよくいただきます。1羽は1日に1個以上のたまごを生みません。個人的には、育種改良されたとしても鶏は動物であって産卵マシーンじゃないから、と思います。個体差はありますが、一定期間産卵を続けた後に、概ね定期的に休産日があります。生まれた時期等により傾向は異なりますが、産卵開始後、暫くして産卵率はピークを迎え、その後次第に低下していきます。約10か月も経つと半分程度に落ち込み、羽根が抜け替わって翌年の産卵に備えます。

鶏にとっても産卵を継続することは大仕事です。よい卵という結果を出してもらうため、工夫を重ね、環境を整えていくことをめざしています。

鶏はどのくらいで、たまごを生めるようになるのですか?

たまごを生めるようになった鶏を成鶏と言います。

鶏種や育成時期、環境等によって多少異なります。概ね後藤もみじは4ヶ月前後、東京烏骨鶏は5ヶ月前後で初産を開始します。成鶏までの期間は改良により昔と比較して早まっているようです。
日が長くなる時期の成育はゆっくりで、体躯が充実してから産卵を開始しますが、短くなる時期は反対に早まる傾向があるので、初卵が小さくになりがちです。じっくり成長させて体躯の充実を図るように努めています。

参考文献)
新編 養鶏ハンドブック
田先威和夫、山田行雄、森田琢磨、田中克英編著 株式会社養賢堂発行 1993年5月20日 第4版

産卵宣言とはどのような行動ですか?毎朝、全ての雌が鳴くのでしょうか?

「産卵宣言」という用語あるのかどうかはわかりません。産卵直後に「ふー産んだ…」という風に一息ついてから、産卵箱から出てきます。そしておもむろに箱の前で「産んだぞ〜!」という風情で高らかに「こけーーこっこっこっこ」と鳴く鶏がいるので、そう呼んでいます。土間に降りると、ほぼ鳴き止みます。皆がみな鳴くわけではありません。

本来、隠れて産む習性があるのに、何故、外敵に産んだとわかるような声をあげるのかが不思議です。

初生雛とは何ですか?

孵化したばかりの雛のことです。

卵をあたためると半数はオスが孵化します。また育種や交配は専門業域で、養鶏場ではおこないません。雛も幼雛(0日齢〜30日齢)、中雛(30日齢〜60日齢頃)、大雛期(60日齢頃〜120日齢頃)があり、成長段階別に育成する分業が行われてきました。技術が特化するなどのよい点がありますが、雛が移動することのリスク等もあります。平飼いの経験では、飼育者や環境に慣れにくいなどの面もあります。同一環境で初生雛から育成することは、一貫した理念に基づき経営できるというメリットもあります。

2. 飼育方法について

平飼いとはどのような飼育方法ですか?他にどのような方法があるのでしょうか

現在、日本の採卵鶏は殆どがパタリーゲージで飼養されています。概ね幅24cm×奥行40bm×高さ43cmの、鶏が2、3羽入ったカゴが何段も重なった形式です。単位面積あたりの飼養羽数が多く、鶏が本来持つ習性をコントロールした合理化が可能です。養鶏場1軒あたりの規模はどんどん大きくなり、反対に戸数は減少しました。輸入飼料と徹底した合理化が現在の卵価を支えています。

平飼いは現在、主に肉用鶏で行われ、採卵鶏ではわずかです。
庭先飼いからゲージ養鶏までの移行期には一般的な形式で、中島正氏の『自然卵養鶏法』(農山漁村文化協会)等に見ることができます。1区画の言葉通りの平らかな空間に、給餌・給水器、止まり木や産卵箱、敷料等があります。

当養鶏場の後藤もみじの鶏舎は、1区画凡そ4坪程。坪面積当たりの飼養羽数は10〜15羽と言われています。有精卵にする為にはオス1羽に対してメスが15羽くらいまでと言われていますが、それとは別に経験的に、鶏種によってオスI羽に対し、メスがストレスを感じないで居られる限界の羽数もあるようです。
ゲージ飼いとは効率に於いて比べようもありません。ですが上手に飼養すれば、鶏本来の習性を尊重しながら、多くのメリットを見出す事ができると考えています。

EUでは2012年以降、鶏のバタリーゲージ使用を禁止しました。「飢えや渇きからの自由」「痛み、負傷、病気からの自由」「恐怖や抑圧からの自由」「不快からの自由」「自然な行動をする自由」。これら鶏の5つの自由を尊重するため、より広いエンリッチドケージ(拡充ケージ)や産卵箱や止まり木、砂場を整える福祉ゲージ等への切り替えを求めています。2008年1月8日、欧州委員会はバタリーケージによる採卵鶏の飼養の禁止が、鳥の健康や動物福祉の改善につながるとする報告書を公表しました。卵の生産コストは上昇しますが、疾病発生のリスクなどが軽減され、また高品質な卵が生産できることから、EU域外の生産者に対し競争力を有することになるとしています。(独立行政法人農畜産業振興機構ホームページ参照)

実際に平飼いを実践してみると競争等により、いじめや鶏が死ぬということが起こったりします。その原因をみると飼養面積の不足、給餌量等その内容・給水量の不足、急激な温度変化、産卵箱の不足等でした。鶏本来の習性を発揮させる飼育法を実践するには、ゲージ養鶏とは異なる適期適切な観察や飼養管理、「鶏を満足させる」さまざまな工夫が欠かせません。鶏にとって全てが充たされている状況では競争は起こりにくいと考えています。

日本では殆どがゲージ養鶏ですが、一部では放牧運動場のついた平飼い養鶏などが行われています。養鶏場の経営理念や周辺の環境、防疫との兼ね合わせで、様々な経営が行われています。

3. 飼料(餌)について

4. たまごについて

5. その他の質問