隣りまち、武蔵野プレイス訪問記

最近図書館を利用したことがありますか。何十年も前、受験生のときに利用しただけでそれっきりという人は、図書館の変貌ぶりに驚くに違いない。咳ひとつはばかれるような静かな館内、本の匂いが醸し出す重苦しい雰囲気、カードを繰って図書を探す面倒な手間など、図書館のイメージには暗いイメージしかなかったが、今、様変わりである。館内は明るく開放的で、図書を探すのもパソコンで簡単に見つけることができる。ライブラリアン(司書)の方が笑顔で迎えてくれる、そんなことが多くなったように思うのは気のせいか。
ライブラリー・オブ・ザ・イヤー(NPO法人知的資源イニシアティブが2006年から年ごとに実施)という図書館を対象にした賞がある。そこで大賞に選ばれた図書館の選定理由を見ていくと、近年の図書館の変化の傾向が表れているように思われる。データベースの活用や蔵書の横断検索、デジタル・アーカイブの作成など図書館サービスのデジタル化の動き、街づくり、地域活性化の拠点としての図書館サービスの展開など、図書館がたんなる本を貸し出すところではなくなっていることがよく分かる。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は N001-18-1024x585.png ですJR武蔵境駅前の一等地にある武蔵野プレイス

複合施設の武蔵野プレイス

そうした変化の先端を走っている図書館として話題を集めている武蔵野プレイスを訪ねて、いろいろとお話を伺った。武蔵野プレイスは2011年7月に開館した武蔵野市立の公共施設である。JR武蔵境駅前の一等地にある。西荻窪地域を本拠地としている『西荻春秋』としては対象地域から少し外れるのでは、という声も聞かれそうだが、武蔵野市は杉並区の隣、松庵舎とは路一本を隔てただけなので、今回はほんのちょっとお隣にお出かけという感じで訪問することにした。
武蔵野プレイス館長の斉藤愛嗣さんに説明して頂いた。「武蔵野プレイスは図書館ですかとよく聞かれるのですが、図書館だけでなく生涯学習支援、青少年活動支援、市民活動支援の4つの機能が融合された複合施設だと返事しています。」と最初に話された。つまり図書館を核にして他の3つの支援サービスが一緒になった施設というわけだ。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は N002-16-1024x336.png です
館長の斉藤愛嗣さん
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は N003-19-1024x606.png です

様々な「市民活動」や「アクション」に触れることができる複合施設

武蔵野プレイスのホームページから引用すると、

人々が日常生活において、自主・自発的に読書や学習を継続できる機会や、身近で行われている様々な「市民活動」や「アクション」に気軽に触れることができる場が重要です。武蔵野プレイスは、この“気づき”から始まる「アクション」の連鎖が起こり得る「機会」と「場」を提供し、支援していくことをめざしています。

とある。利用者が他の活動に気づいてそれに参加し、新たな活動を始めていくという連鎖が起きる、あるいはそのための機会を提供する場所だという。武蔵野プレイスは、単に異なるサービス、機能を同一の建物内に設けただけの施設ではなく、そうした機能が融合していくことを主な狙いにした複合施設であるという。

透明性を高めたデザイン、日本建築学会賞受賞

館内のデザインも壁がなく、ガラス張りの部屋が並んで開放的だ。「会議室、スタディコーナーなど皆オープンにし、それぞれの活動が外からすべて見えるようにしてある。図書館のある2階と地下1階を除いて、同一のフロアに異なるサービスのエリアを置くようにしています。気づきを促すように廊下もなくし、分け隔てをなくした透明性を高めた設計になっています」。3階には市民活動エリアと生涯学習支援のスタディコーナーがあり、1階にはマガジンラウンジとギャラリ―、カフェ・総合カウンターが、そして地下2階にはアート&ティーンズライブラリーと青少年活動支援のスタジオラウンジ、オープンスタジオという具合に違った機能(サービス)のエリアが同一フロアの設置されている。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は N004-13-1024x508.png です

レストラン&カフェコーナーとメニュー

透明性を高める仕掛けとしてもう一つ斉藤さんが強調されたのは、「フロアをつなぐ回遊(らせん)階段が2か所に置いてあります。4階と3階をつなぐところと、地下1階と同2階をむすぶところです。普通ですと階段はフロアの隅にあったりしますし、エレベーターで目的階にスッと行ってしまったりしますと、なかなかほかの活動に眼が行きにくいですね。回遊階段はできる限りそういうことがないようにしてほしい、という狙いから設けたものです」。斉藤さんはブラウジング(ぶらぶら見て歩くこと)という難しい言葉を使われたが、「言い換えますとね、館内を回遊していただくことで“気づき”のきっかけにして欲しいし、ある一つの目的で来館されても他の機能、サービスに気づいて利用していただきたいということです」。
こうしたデザインが評価されて武蔵野プレイスは、2016年日本建築学会賞(作品)を受賞している。選定理由に、「4つの機能は、いったん数十個のルームに割り振られ、吹き抜け空間とともに立体的に組み上げられている。ルームのつながりを重視し、廊下を排除することで人々の活動が自然に混じり合い新たな発見とアクティビティの創出を目論んだものであるが、見事に成功しており、本作品の最大の魅力となっている。」とある。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は N005-10-1024x467.png です

透明性を高めるためガラス張りにしたスタディコーナーとレンタル会議室

――実際に利用者が“気づき”によって他のアクションにつながっていったという例を紹介して頂けますか?
「具体的にと言われると、なかなかお答えするのは難しいのですが…、三階に貼ってあるポスターやチラシなどは市民活動団体のものに限定しています。『あ、こういうことをやっているんだ』と、様々な活動に気づいてほしいわけです。イベント参加者にアンケートで、『このイベントを何で知りましたか』と聞くと、『館内の掲示で知った』という回答が数多く、図書を借りに来て館内でいろんな行事をやっているんだなと知る(気づく)人が大勢いらっしゃることは間違いなく言えると思います。」

300を超す市民活動登録団体

――市民活動団体にはどのようなものがありますか?
「いま300を超える団体が登録しています。趣味や教養、福祉のグループ、社会活動の団体など幅広くあります。例えばペットロスを乗り越えるための活動をしている団体、視覚障害のある方に絵画を楽しんでもらうための活動をしているグループ、空き家対策の活動をしている集まりなど、本当にいろいろあります」。館内に置かれている「登録団体一覧」を分野別に見ると、多いのは福祉関係、社会教育、学術・文化・芸術関連などが目立っている。館内でのこれらの市民団体が企画するセミナーなどのイベント(事業)も盛んだ。
――セミナーの内容などについて何か制限はありますか?
「基本的に公共施設なので政治、宗教、営利活動はだめです。それ以外であれば使用目的は制限しません。3階に有料の貸し出しスペースとして5つ会議室があるほか、少人数でミーティングができる無料のスペースがあります。4階に講座・講演などに利用できる最大150人収容のフォーラムもあります。」平成29年度に市民団体が企画した事業には、「認知症になっても怖くない!iPadを使って外に出よう!」「日常に潜む性の搾取から子どもと若者を守るには」などが開かれたほか、市民活動支援事業として啓発事業なども行われている。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は N006-6-1024x345.png です

市民活動フロアーと資料

大学生とともに授業を履修、自由大学

――生涯学習支援サービスですが、主な対象になるのはリタイアした高齢者ですか?
「いや、リタイアした人だけでなく全世代が対象となります。若い人たちには学校以外の教育と考えてほしい。実態としては集まる人の多くが40代以上の人ということになりますが、土・日に関連の行事を開くと20代、30代の人たちも参加します」。やはり同年度の事業の主なものをみると、小・中学生向け事業で「読む|聴く|伝える|ことば探検隊」が全4回で開かれたほか、子育て中の方を対象に「アンガーマネジメント講座」、勤労者向けにはキャリア養成講座「大人の学び場」(全5回)、高齢者向けには「いきいきセミナー」(前・後期各13回)などが開かれている。各世代に向けていろいろな講座が開かれていることが分かる。
このほか特筆すべきことは、武蔵野地域にある5大学と連携した事業があることだ。5大学は東京女子大学、日本獣医生命科学大学、亜細亜大学、成蹊大学、武蔵野大学。その事業の一つが、武蔵野地域自由大学である。自由大学は、4大学(東京女子大学を除く)のキャンパスで現役の大学生と一緒に正規科目の履修ができる仮想大学である。正規科目の履修には、同年度に301名もの市民が参加している。またもう一つが、武蔵野地域五大学共同講演会・共同教養講座。これは各大学の協力を得て、市民を対象にひらかれる講座である。連続6回の共同講演会や20回連続の共同教養講座が開催される。
――履修して単位をとると、何か資格が取れるような仕組みになっているのですか?
「そこまではやっていないのですが、正規科目を履修すると単位でなく1ポイントが付与されます。これだけでなく他の講座・講演会でもポイントが付きますが、これが20ポイントになると市民学士、30ポイントになると市民修士というように武蔵野地域自由大学独自の称号記を授与しています。生涯学習への意欲を持っていただくためです。さらに、われわれの願いを言わせてもらえば、この自由大学の卒業生が同期会として市民登録団体になれるのですが、登録団体として他の活動につながって行ってほしいな、という思いがありますが」。

青少年の「居場所」に

――青少年活動支援にあるスタジオラウンジというのはどういう機能を持つのですか?
「青少年の情報交換の場として設けたオープンスペースです。いくつかあるスタジオのうち一番大きなものですが、友達同士で話してもよいし、飲食もできますし、読書してもいいです。ルールはほとんどありません。何をしてもよいスペースです。このほか楽器練習のできるサウンドスタジオ、ダンスや演劇練習のできるパフォーマンススタジオ、身体が動かしたくなれば、オープンスタジオに行って卓球やボルダリングが楽しめます。それから簡単な調理・工芸ができるクラフトスタジオもあります。」スタジオはいずれも地下2階にある。パンフレットには「青少年の『居場所』として、様々な交流や活動、情報交換を支援し、青少年の社会生活の充実を図ることを目的としたフロアです」と説明されている。
――青少年たちは夜10時まで居られるのですか?
「はい、居ることができます。ただ小学生は5時で帰ってもらうようにして、その時刻になるとアナウンスも流しています。当初、不良のたまり場になるのではないかという心配もありましたが、そのようなこともなかったですね」。
武蔵野プレイスの1階にはカフェがある。ここでは食事ができるしアルコールもサービスされている。食事をしながら歓談するもよし、お酒をのみながら本を読むこともできる。ビールが620円、コーヒーが380円、オムライスプレートが1090円といった値段。開館時間は夜10時までなので、会社帰りにここで食事を済ませてしまう人もいるだろう。最後に武蔵野プレイス像を数字からとらえてみよう。

年間200万人に迫る来館者
――武蔵野プレイスの来館者数はどれくらいですか?
「年間約195万人、1日平均6353人になる。多い日にはこれが1万人に達することもあります」。近隣の市区に比べると断トツの人数である。「来館者の年齢別構成は、10歳代が36.6%で一番多く、20歳代と60歳代が10%を切るほかは各世代とも10%台となっています。全世代に利用されているうえに、図書館以外の利用が多いこともうれしいですね。利用場所は青少年活動向けが10%を超えています。もちろん一番利用が多いのは図書館でして、来館者のほぼ6割が3フロアにわかれた図書館のいずれかを利用しています」。館長の話は続く。「武蔵野市には図書館が3館あって、武蔵野中央図書館と吉祥寺図書館、そして武蔵野プレイスになります。3館合わせた武蔵野市全体での住民一人当たりの貸出冊数は17.2冊(年間)です。おそらく都内では一番多いのではないか、全国平均が約5冊ですから凄い数字です」。
多くの青少年に利用され、図書館も利用されていることも分かったが、そこで気になったのは、若い人がどのような本を読んでいるのか、ということである。若い人が本を読まなくなっていることは、以前から知っていたわけなので。武蔵野プレイスだけを取り出して、どんな本が貸し出されているかは分からないが、武蔵野図書館全体の貸し出しベスト(5月―7月)を、図書館のホームページで見ることはできる。YA(ヤングアダルト)に人気のある本は、〈文学一般・日本文学〉のトップ5はいずれもエンタメ系の本ばかり。いまさら鴎外・漱石とはいわないがいわゆる純文学系はなし。〈外国文学〉では『夜と霧』『アンネの日記』『老人と海』の3冊だけが表示されて以下はなし。〈歴史・伝記・地理・旅行〉にいたっては「該当データが見つかりませんでした」と出力された。
若い人の読書調査によれば、小中高校生の読書時間調査(全国学校図書館協議会と毎日新聞社調べ)で、1か月に1冊も読まないと答えた高校生は55.8%にも及び、小学生で8.1%、中学生で15.3%だった。せっかくの子供のときの読書の習慣が身についていないことが分かる。大学生(全国大学生協連合会の調べ)は、一日平均の読書時間は23.6分、0分がなんと半分を超える53.1%もある。前に大学生から「アルバイトに追われ本を読む時間がありません」、と聞いたことがある。学費を稼ぐためにアルバイトをする苦学生なのかなと思ったが、大半の学生はスキーや旅行に行く費用を手にするためだと知って呆れたことがある。学生よ、もっと本を読もう。マララさんのスピーチではないが、1冊の本があなたの人生を変えることがあるかもしれないのだから。

芝生は緑が

――ところで正面入口前にある広場ですが、季節になると緑の広場になるのですか?
「いえ、なりません。写真にもあるように昔は緑の広場だったのですが、大勢の人に踏まれてはげてしまって、あのような状態になってしまいました。何度か緑にしようとしたのですが、もう養生はあきらめて止めました。養生するためには広場を囲って入れないようにするのですが、そうすると入れないと苦情が来ますし、放っておけばなぜ芝を植えないと言って苦情が来ます。正直いって、いまは何もしないことにしました」。取材終わって帰り道、広場を通りながら、やはりここが緑だと、ここに座って本を読んだり話をしたりできて気持ちがいいのだけれど、と残念に思った。

映画『ニューヨーク公共図書館』をみる

後日、映画『ニューヨーク公共図書館』を観た。今、進化していく図書館をみせられた。公共図書館がこんなことまでやっているのかと驚くばかりであった。上映時間が3時間25分にもなる映画で、図書館の舞台裏で何が行われているのか、長時間も気にならず興味深く見ることができた。この図書館の運営資金のおよそ半分が民間の寄付で賄われていることを知って、日米における、異なる図書館の歴史、伝統、役割、その差を生む社会の違いを考えさせられた。しかし、「青少年をいかに図書館に引きよせるか」「ベストセラーか学術書、推薦図書かの蔵書収集の基準」「デジタル化をめぐる問題」など、この公共図書館のスタッフが議論する個々の問題は、どちらにも共通しているなと思ったりもした。印象に残った言葉を一つだけ紹介すると、「図書館は本の置き場ではない。図書館は人」。人が活躍するからこそ進化が生まれる。この映画はお勧めです。まだ見ていない方は是非、ご覧ください。

文:鈴木英明 写真:澤田末吉+奧村森

重要)このブログに掲載されている記事、写真等は全て著作物です。 著作権法に従って無断転載を禁止いたしま す。記事を利用される方はご連絡をお願い致します。

杉並区立郷土博物館を訪ねて

 杉並区立郷土博物館をご存じだろうか。
初めて博物館本館を訪ねた時。曇り空に雨傘を忘れて、閉館間際の降り出した雨に途方に暮れていると、職員さんが使い捨てていいからとビニール傘をくださった。それが印象に深く刻み込まれている。
「西荻春秋」がスタートして初めて「公的施設を取材したい」という話になった。

 いつも試行錯誤。体当たりで取材許可を取りに行く。候補にあがったのが郷土博物館だ。記事を書くには熱意と興味と好奇心が必要で、自らの体験と重ね合わせてどこか共感できないと言葉にならない。編集長が体当たりすると、博物館は快く対応してくださり、駒見敬祐さん、小室綾さんの二人の学芸員さんにお話を伺うことになった。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は N001-12-1024x582.png です
右:駒見敬祐さん 左:小室綾さん

企画展「すぎなみ郷土史物語」

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は N002-10-1024x667.png です
博物館正門(井口家長屋門)

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は N003-13-1024x585.png です
博物館 常設展示室

 博物館に着くと、駒見さんが、企画展「すぎなみ郷土史物語」を案内してくださった。企画を担当された展覧会で、郷土博物館ができた理由を知りたいと伝えると、「まさに今、その展覧会をしています」とのお話だ。実は私事だが、この3月に学芸員資格を取得したばかりである。地域の博物館を学習調査したが、インターネット上に情報が少なく、とあるページに唯一以前の館長の言葉として「失われていく郷土の姿を残したいと願った」と書かれていたのが気になっていたのだ。
 博物館設立には、きっと理由があるのではないかと探ってみると、案の定、そこには感動の物語が隠されていた。それは想像していたよりずっと長い積み重ねの上に、地域の研究者や住民の請願により実現したものだった。
 駒見敬祐さんは中世史が専門で、修士課程を修了されている。学芸員の任用は狭き門だ。若いが、学問を人の役に立てるためには「伝える」仕事がしたいと話し、展覧コンセプトからはその熱き思いが伝わる。
 展覧会の企画は基本的には学芸員が主体となり、博物館では年に1回の特別展と2回の企画展、常設展で年間を構成している。予算もさることながら、学芸員5人体制でも年間120日程度の勤務だから忙しく、新しい事実を発掘する研究にまではなかなか手が回らない。それでも「すぎなみ郷土史物語」展は「なぜ杉並区に郷土博物館ができたのか」「なぜこの地に設置されたのか」、そして地道に郷土史を遺そうと奮闘した人々がいたことが理解できる、正統派の展覧会だ。これが駒見さんらしさだろう。
学芸員として
 小室さんも文化財保存が専門なのだが、なかなか任用がないのだという。地域を回って屋敷林の調査等もされているそうで、ほんわりした人あたりの良さが魅力だ。少しでも博物館に興味を持ってもらおうと、まずはキッカケを作るため、幅広い年代が足を運ぶアイデア作りに日々奮闘している。共通して感じるのは静かだが強い思いだ。
 研究に手が回らないと書いたが、学芸員としてどのように関わっているか尋ねてみた。「ここには区民自身の長い調査と研究の蓄積があり、その厚さ深さに、数年勉強したくらいでは学芸員はとても追い付けないのです」と小室さんは素直に語ってくれた。「だから地域の人々の研究を、学芸員の視点でサポートすることが私たちの仕事だと考えています」という。これまでの地域史研究は研究者が地域民と共に活動してきた。杉並区民ではないおふたりが一生懸命すぎなみのことを考えている姿を見ると、折角、博物館ができたのだから、上手に学芸員の視点を活かすことはできないものだろうかと考えた。
「杉並は日本史に残るような事象はあまり多くないけれど、そこに「人がいる」それが特徴ではないでしょうか?」小室綾さんは言う。
 郷土博物館には5人の学芸員が嘱託として在籍しているそうだ。区民の研究蓄積はこれからも深まるとしても環境は次第に変化していく。「郷土」は過去だけにあるのでなく、現在、学芸員が活動していることも将来にもつながる大切なアーカイブを行える可能性があるのであって、その力を借りて沢山の「ひと」がいる郷土をこれからも息長く耕し、発掘し、研究していくことが重要なのではないだろうか。
 区民との連携の下に専門分野を深め、より広い視野で次の時代にも保存すべき歴史資料を発見し、区民の心のよりどころの一つとなるよう、継続、安定した仕事ができる環境を整えて欲しい。「人がいる」杉並は「人を大切にする」杉並区として魅力を深めて欲しい。
周りの環境も博物館
 駒見さんは、博物館は周辺の環境も含めて「博物館」なのだという。また「名前には深い想いが込められているのです」という。杉並にも「郷土」があった。その風景や暮らしも時代の波に呑まれて、急速に消え失せていくことに気づいた人々が、調査保存の草の根の活動を脈々と続け、博物館設立請願へと繋がったのである。
 郷土博物館本館は平成元年、和田堀公園内にオープンした。京王井の頭線の永福町駅北口から徒歩15分。JR中央線高円寺駅又は東京メトロ丸ノ内線の新高円寺駅から「永福町」行きバスで「都立和田堀公園」下車、徒歩5分等。あまり便利とはいえない場所に博物館はある。計画にあたって旧養蚕試験場、現在の蚕糸の森公園(東京メトロ 東高円寺駅)も候補に挙がったという。それでも博物館以前の地域史研究を積み重ねてきた人々は、明治時代から昭和まで繰り返してきた遺跡発掘調査や歴史的景観を含めた周囲の環境までを含めて博物館の立地条件としたいと望んだ。それが、博物館が和田堀公園内、旧嵯峨侯爵邸跡地に設置された理由なのだという。
 駅に近い便利な場所の方が、人が来るように思えたが、調べてみると区内の学校の見学等での利用も含め、入館者数に遜色はない。それは博物館というものが、わたしたちにとってどのような存在なのかを改めて考えさせられる発見であった。
 東は谷中公園、済美公園から和田堀公園、西は善福寺川緑地公園に至るまで、時として広々とした草地など驚くような風景が広がる、公園ではあるが人が管理しきれない自然をいまだどこかに隠しているような環境である。杉並区の遺跡マップなどを見ると、川に沿って見事に遺跡が連なる。過去を想像しながら散策してみたい。
懐かしい記憶とともに
 さて、土日祝日の午後に博物館を訪れると古民家のいろりに火が入る。また昔、行われていた年中行事を再現している。9月10日(土)~19日(月・祝)は十五夜、10月22日(土)~30日(日)は荒神様だ。我が家ではかつてほぼ同じ時期に荒神様とえびす講をしていた。荒神様には松と榊を上げ、えびす講には尾頭付きの鯛を二尾飾り、うどんをあげて、大きな枡に家族の全員のお財布を入れた。カチカチと父が神棚と私たちの頭にも火打石を打ち、子供のお財布の中身はちょっとだけ増える。それが嬉しく家族全員で食卓を囲んだ。
 行事は気が付くといつのまにか記憶から失われてしまっている。だから区民の協力で再現されることは、貴重な行事の保存そのものだろう。

 博物館は多くの人が関わっていのちを吹き込まれる「場」だ。ほんのひとときを過ごす来館者もそのひとり。そんな余韻を感じながら郷土博物館を後にした。

杉並区立郷土博物館(本館)
〒168-0061 東京都杉並区大宮1丁目20番8号
電話 03-3317-0841

開館時間:午前9時~午後5時
休館日:毎週月曜日・毎月第三木曜日
(祝日と重なった場合は開館、翌日休館)
12月28日~1月4日
観覧料:100円 中学生以下は無料

文:窪田幸子(牛の歩み資料美術館室長 学芸員) 写真:奥村森

重要)このブログに掲載されている記事、写真等は全て著作物です。著作権法に従って無断転載を禁止いたします。記事を利用される方はご連絡をお願い致します。